2013年5月31日金曜日

音楽に対する思想2

以前書いた「音楽に対する思想」から、時間が経過し、少々考え方が動いたところもあるので、記録。

以前の話は無視して、現在思うことを書き連ねます。

とりあえず、少し作曲の仕事をもらえるようになって、心境は変わりました。
仕事として、つまり業界の中を覗いてみて、大変な世界だなあとは実感しております。

まず、今の僕には、クライアントの依頼に対して、自分の持ち味というものを生かすことができなんです。させてもらえないという言い方もあるかもしれませんが、僕は、自分にそんな余裕が無い、と思っております。

仕事はだいたい、3~4日以内で作ってくれ、というのがほとんどで、早いときは、明日までに、というものもある。あまり悩み悩んで一生懸命作っていると、間に合わないので、無心でとにかくイメージにあいそうな曲を作る

最近よく「無心」という言葉を口にする。
これは、手を抜くという意味ではなく、自分を押し殺すという感じでしょうか。
自分好みの、好き放題の曲は、今の僕の立場では、まず、クライアントに納得はしてもらえないでしょう。ですので、あえて、自分の色を押し殺して、教科書どおりの作曲をする感じです。

悪く言えば、やはり、手抜きのようにも思われがちですが、良く言えば、クライアントに忠実に仕事をしている、制作時間の短縮になる、悩みすぎない、といった感じです。

今のところ自分の色を出さないことは自分自身手抜きとは思っていません。
むしろ、どのような色が、仕事として向いているのだろうと、模索している感じであります。
初仕事でも、学ぶことはいろいろありました。
それが自分の意思と反している部分も多々あります。まあ、それに反発しようとはまったく思いませんが。その反発しないところが、仕事として割り切る、無心になることのメリットだと思います。

もちろん自分の色を出した、これがYutakaMorikawaの曲だ、という曲も作りたいです。しかし、それを仕事で活用するには、まだ早すぎると感じております。それに先ほども申したように、早いと同時に、自分自身余裕が無くてできないんです。時間以内に、クライアントの希望に対応するのでいっぱいいっぱいで、それに自分色をつけるのは、まだ修行が必要だと感じております。

長いこと作曲をしてきましたが、やめようと思っていた矢先、大きな次のステップに踏み込んだ気がします。

さらに、ステップアップできればよいのですが・・・。

そのためにも、仕事とプライベート作曲は、特に意識してではないですが、別物として作業していこうと思っています。職場の異性との付き合い方と、プライベートでの異性との付き合い方みたいなもんでしょうか(´∀`)?




とりあえず、これからも仕事が続けて入ってくるようならば、音源(VSTi)を買い足そうとは考えております。

一発屋で終わりそうなら、様子見ですね(´д`)

人気の投稿