2014年8月31日日曜日

Blenderで「パンちゃん」PV制作1

LINEスタンプとしてデビューした「パンちゃん」

スタンプはこちら
http://line.me/S/sticker/1013186

そのPVとしてニコニコとYouTubeに歌つきアニメーションがアップされました。

今回はそのアニメーション制作過程を紹介したいと思います。

まずは動画を。
こちらです。

http://www.nicovideo.jp/watch/sm24340870

最終的にはPremiere Elementsで編集しておりますが、途中の3D動画はBlenderによるものです。

Blender使用アニメーションは、まず、15秒からの緑色のパンダのシーンです。
これは、まず完成したパンちゃんのマテリアルをすべてワイヤーフレームにします。
 
 
陰影無しにチェックを入れ、立体感もなくします。
 
そして、それぞれのパーツが正しい位置にたどり着くフレームで、トランスフォームに、ショートカットキー「i」でキーフレームを挿入します。
これで、そのパーツはそのフレーム目には必ず最終的な正しい場所にたどり着きます。
そこから1秒60フレームで逆算して、そのパーツを本体から離してキーフレーム挿入です。
 
それを各パーツに実行して、最終的に0フレーム目には下のような配置になります。

 

口の中が赤いのは、ワイヤーフレームでは、オブジェクト内のマテリアルの一番上が適用されるようなので、今回は口の周りを緑にすれば、レンダリングでは、赤の部分も緑になったということです。

これを、アニメーションで見ると、それぞれのパーツが正しい位置にしゅぅぅぅっとくっついていくわけです。
それだけではおもしろくないので、カメラを2周させることにしました。
下の図は上から見た図です。
 
カメラ選択、続いてパンちゃん選択、コントロールTだったかな・・・?それで、カメラの方向をパンちゃんに固定し、上の図のようにカメラをパス上を動かす・・・予定だったのですが、パスに沿って動かすことに慣れていない、しかも、2周するということなので、さらにわからなくなってしまったので、私は、他の方法をとりました。
 
上の図の円にカメラをコントロールPで親子関係を持たせます。
カメラ>円>P、の順で円が親です。
これで、円を720度回転させることで、カメラがパンちゃんを見つめながら、2周するわけです。
もし、完成したアニメーションより、もっとアップのアングルで、下から上へ動かしたければ、説明の必要は無いですね。円を上下させればいいわけです。
 
この方法は、楽なのですが、ひとつ罠に引っかかったことがありました。
円自体を移動しながら回転させると、カメラの移動速度が変わってしまうのです。
そういうことを避けたければ、きちんとパスを使って追従させるべきでしょうね。
 
 
まだまだBlenderを使いこなせてない私でした。

次回は、次のシーン、パンちゃんの色が変わっていくシーンの解説をしたいと思っています。

人気の投稿