2014年9月4日木曜日

Blenderで「パンちゃん」PV制作3 -パンちゃん歩く編2-

LINEスタンプとしてデビューした「パンちゃん」

スタンプはこちら
http://line.me/S/sticker/1013186

そのPVとしてニコニコとYouTubeに歌つきアニメーションがアップされました。

前回に続き、そのアニメーション制作過程を紹介したいと思います。

まずは動画を。
こちらです。

http://www.nicovideo.jp/watch/sm24340870

最終的にはPremiere Elementsで編集しておりますが、途中の3D動画はBlenderによるものです。

今回は、1分33秒からのシーンの続きです。

前回、パンちゃんが歩くところまでできました。
その後パンちゃんがこけて、地面の回転に引きずられていきます。そして戻ってきます。
これをどうセットしたか。

単純です。

別シーンとして取り扱うだけです。

つまり、まず、もとのblendファイルをコピーし、前回350フレームまで使用しましたので、350フレームを開始フレームにして続きを作るだけです。
個人的に、一つのファイルで無理やりアニメーションを作る必要など無いと(今のところ)考えておりますので、これでよいかと。

つまりパンちゃん本体のキーフレームは、上の図のようになるわけです。
0~350は前回の作業の残りです。今回はそれは残っているだけであってもなくてもいいわけです。
ただ、前回、書き忘れていますが、350フレーム目にこけた状態、つまり↓の図のようになるように調整だけはしてあります。

前回のシーンの最後のフレームが、この状態になるように持ってきます。
説明し忘れていましたが、体が回転しながらこけてしまい、手をバンザイ.の状態に持っていき、足も適度な角度へ調整しています。そして、こけたとき、若干ですが、前方へ滑らせて、最終的に350フレームでこの位置へ持ってきました。

そこでセーブして、コピーして開いたファイルが今回の次のシーンのファイルということです。

回転にあわせて引きずられるわけですが、パスを使うもよしですが、地面はきれいな球体なので、これは一番簡単な方法として、パンちゃんの親を地面にしてしまう方法をとりました。
パンちゃん>地面>ペアレント設定、これでもとある地面の回転設定にしたがって、350フレームからは、パンちゃんが地面と共に動いていきます。

そして、タイミングを見て、次のシーンを決めます。次のシーンでは、パンちゃんが急いで元の位置へ戻ってきてまた歩き始めます。

ということで、このファイルはセーブ、そしてコピーして次のシーン用ファイルを作ります。


このシーンのパンちゃんは500フレームから始まります。
まず、こけていたパンちゃんの姿勢を正すため、一番最初の位置で正しい姿勢に戻します。そして、前回の(ファイルとしては前々回の)パンちゃんの歩くキーフレームをコピーしてきて使用します。

手順です。
地面の回転と逆の方向に動くので、まずペアレントを解除します。
記憶があいまいですが、パンちゃんのトランスフォームをペアレント時に変に確定してなければ、ペアレント解除で、元の位置に戻ってきたようなきがします。
そこで、先ほどの説明どおり、歩くパンちゃんのキーフレームをコピーします。
そして、歩くキーフレームをドープシートから選択して、カーソルを500(501?)フレームにしておいて、「s」>「0.5」>「Enter」で歩く動きを倍の速度にします。(半分の時間で先ほどの手足を動かすということ)

元の位置に戻ってくるフレームを決めて、そこまでその動きをコピーします。
そこからは、元の速さの歩くキーフレームをまたコピーします。(足の左右を間違えないようにコピーしましょう)
ここまでできると、あとは、パンちゃんが上の図から、本の位置まで戻ってくる動作を設定するだけです。(今までの動作は、パンちゃんは元の位置、つまり、図で言うX0の位置にいたはずです。)

次は、パスを作ります。地面の球体の中心を元に、円を作ります(カーブで)。
そしてそれにパンちゃんを追従させて(操作法は自分もあいまいな記憶なので省きます)視点もパスに追従させ、
 
 
カーブのパスアニメーションの評価時間にキーフレームを挿入し、パンちゃんを斜めの位置から0の位置まで動かしました。
毎度のこと、もっといい方法があるのかもしれませんが、結果よければよしで、これで済ませました。
 
ついでに、もう一つのシーン、パンちゃんが飛んでいくシーンですね。(2:38~)
こちらは、引きずられる前のファイルをコピーし、こけてしまうところから、ジャンプするように変更し、空中に浮かし、トランスフォームで、微妙に上下させ、ころあいを見て左に進ませたというだけです。
 
これで、パンちゃん歩く編は終了かと思います。
というか、もう説明の箇所ないきがしますので、「Blenderで「パンちゃん」PV制作」解説はこれで終わるようなきがします。
 
てな感じです。
 
Blenderはまだまだ難しいことができちゃいます。(←自分は出来ない(;´Д`))
毛嫌いする人も多いようですが、僕は気に入ったソフトの一つです。操作も、慣れれば扱いやすいです。
 
みなさんもBlenderでアニメーションしてみましょう!
 
では、どもありがと(´・ω・`)


人気の投稿