2022年4月18日月曜日

SSG7 V リリース

やっとリリースできました。

といってもKMG7Vを開発し始めたのが2021年11月。

半年くらいでやっとKMG7Vをリリースし、その枠組みがあったので1か月後にSSG7Vリリースということになりました。

この音源作り終えたら、もうやめよやめよといいつつ、何年たったことか。たしか有名なアニメ監督にもおられましたよね、これが最後になるだろうっていいつつ、ずっと出してる人(笑)

僕はもともとプログラマーではなく、作曲がメインなので、そろそろ作曲家に戻るべきなんだろうけど、ついつい音源制作を楽しんでしまう。でも結構体も精神も壊してます。慣れない作業で体を酷使するので頭がイってしまいます。


さて、SSG7Vですが、制作当初はPMG7Vでした。

ではなぜ今SSG7Vなのか。

7はKMGと一緒で7弦ね。VはVSTからとったもの。

では、最初の3文字は?

PMGは「Physical Modeling Guitar」だったのですよ。

いわゆる物理モデル音源ですね。しかし、作っている途中で、物理モデルっていうけど、いったい何をもって物理モデルというのかと疑問に思い、いろいろ調べていくうちに、自分の音源は物理モデルではないことがわかり、PMGの名を捨てました

もちろんSSG7Vではサンプルファイルを使っていません。内部でサンプルもどきを一部作成するものもありますが、95%はリアルタイムに波形が計算編集されながら音が鳴っています。なので、こう見えても安定した同時発音数は、16音くらいしかありません。それ以上鳴らしているとバリバリ鳴り始めます。

話がすっ飛びましたが、物理モデリングというのは、どうも、物理的な計算をして音を出すらしく(説明にになっとらん)、僕が今回作ったのは、実は、ただのシンセサイザーです。

正確には、「Subtractive Synthesis」というみたいです。

減算方式とか減算合成とよばれるものです。

つまり、倍音の多い音、ノコギリ波やホワイトノイズをEQで削って、音を作っていくものです。ここまで説明すると「な~んだたいしたことね~じゃねえか」って思われるかもしれません。そうです、たいしたことないんです。

難しいのは、調整です。

ギターは、アタックから徐々に、倍音が消えていき、EQをセットすれば終わりというわけにはいかないのです。

シンセサイザーでボリュームにエンベロープをかけるように、EQの周波数やゲインにもエンベロープをかけます。それを、0.05秒の世界で処理します。さらに、強い歪をかけるヘヴィメタルを前提とした音源ですので、歪をかけると、倍音が増し、思わぬ音になります。ある周波数をほんの少し上げただけで、歪ませると大きく音が変化します。ですので、ブリッジミュートなどはとても難しかったです。あと、ピッキングノイズが地味に難しかったです。ご想像の通り、単純に鳴らすと、マシンガン効果でダダダダと鳴るだけです。工夫が必要ですので、ここらへんは企業秘密にしておきます。

で、まあ、Subtractive Synthesis Guitarということで、SSGになったわけですよ。

ほんとは物理モデリングを名乗りたかったのですが、あとから、「ちがうじゃ~ん」とかいわれるのは非常に嫌だったし、嘘はつきたくないので、正直にこのようなブログを書きました。(黙ってりゃいいのにネー)

一般的に、なんとなくですが、「サンプルファイルを使わない=物理モデリング」のイメージが結構強いと思います。僕もそう思ってたわけですし。

物理モデリングは、自分で音を作るのが面白そうなわけで、物理モデリングでひとつの楽器を作って、それを利用者が鳴らすというのは、物理計算に何のメリットがあるのかいまいちわからないぼくちゃんです。わざわざ難しい計算させて「はいトランペット。」等ではなくて、難しい計算で自分の好きな音が作れることが、物理モデリングのメリットのような気がします。

てことで、僕は今後物理モデリングは作らないし作れないような気がします。減算方式の方がわかりやすくとても便利で簡単な気がしてます。(←ただアホなだけかも)

考えてみれば枠組みはあったとはいえ、1か月でシンセサイザーを作ったのでそりゃ体調も悪くなるわと。しばらく休んだら、もしかしたらまた何か作るかもしれないし、KMGとSSGのメンテナンスに力を入れるかもしれないし。

とりあえずとても疲れましたよ。ただ、VST制作は面白いですよ。普段購入するものを自分で作れるわけですから。興味のある人は、NETを徘徊して情報を集めてみるといいですよ。何気に僕は、KMG7VとSSG7Vに自分の労働費以外にいくら費やしたかって、JUCE JAPANという本1冊です。C++もほとんどわからなかったけど、ほとんどネットで勉強できましたよと。もちろん、無料で協力してくださったネットの方々にはほんと感謝しております。皆様がいなかったら作れてないです。ホンマ。

てことで、生意気にも完成したVSTを有料販売していますが、よかったら買ってくださいませ。よろしくお願いします。

SSG7V制作の裏話でした。


人気の投稿