2018年12月8日土曜日

ノイズ処理の裏側

Banner

こんにちは。

よそ様のノイズ処理サービスでは、演奏会のリバーブを除去し楽器を聞こえやすくしたり、音質の向上をさせていたりします。

うちではそれは基本的にしません。

なぜしないか、はっきりとした理由をもっています。

まずリバーブ除去についてですが、効果音のリバーブ等は除去する必要性はあるかも知れませんが、うちでは音楽のリバーブは、リバーブも音楽の一つと捉えています。
例えば有名ホールで演奏されたオーケストラのリバーブをきれいに除去したとしましょう。それはもはやオーケストラではなくなっているでしょう。リバーブと一緒に響いてこそすばらしい音楽となっているからです。
ですのでむやみにリバーブを取り除くと音質の劣化にもつながりますし、その音楽の空気感を失わせることになります。

次に音質加工についてですが、これは、どんな音質がよい音か、というのは人それぞれ好みがあると思います。ですので、こうすることで、ハイ、音質が上がりましたよ、とはうちではいえないのです。ノイズは取り除きますが、EQやコンプはお客様の好みでご自由にしてくださいというのがうちの考えです。具体的な依頼があればできる限りは対応させていただきますが。

ということで、嫌な感じに聞こえた方もいらっしゃるかもしれませんが、一番大事にしているのは、原音をなるべく傷めないということです。
加工はいくらでもできますが元に戻すのはほぼ不可能です。

どうぞご理解をお願い致します。

Studio Major7th
http://major7th.jp/noise/



人気の投稿